A_米原鱒寿し
2021年9月8日に米原駅改札内の臨時売店で購入(1,200円)
 IMG_3639

1937(昭和12)年発売のロングセラー駅弁。滋賀県が誇る醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)が独立採算制を敷かれることになり、マスの販路を求めて関係者が井筒屋に泣きついたのがきっかけとされています。

井筒屋では既に鯖寿し(現在は終売)を販売していたため、その話を聞いた社長ら料理人が「サバができるんだからマスも」と魚のように食いつき、2年間の試行錯誤を経てお披露目されたとか。

こうして完成したのが元祖鱒寿し。駅弁のマス寿司自体は富山駅で既に販売されていましたが、発売初期は現在と異なる、マスの身を1匹ひらいた「姿寿司」だったため、その一番最初ということで「元祖」を名乗っているようです。

その後、1980年代後半ごろに内容をリニューアル。紅白のマス寿司、ちらし寿司とデザートに大幅変更され、それがまた時代を経て「だけ」の現在の姿になりました。発売当初のものは「元祖面構え鱒壽し」としてメニューに引き継がれています。なお、現在は醒井養鱒場のマスは使っていないようです。

IMG_3640

タテ4㎝、横11㎝、奥行18.5㎝ほどの折箱に詰められたマス寿司は、総重量400g超えのボリューム。酢飯が分厚い「昔ながらの寿司」スタイルです。箱を持つとずっしりとした感じがすごい。

富山のとは違って小さくて食べやすいのですが、食べ応えという点ではそれに劣らないような気がします。寿司というよりもマスの丼物を食べたような気分に。付け合わせのガリと山椒が口直しにちょうどいいですね。

A_米原鱒寿し (2)

ところで、パッケージには短歌が詠まれています。
うつくしき はたひからせて ますのむれ
 あをはかけさす 清流を行く
美しい肌を光らせたマスの群れが、青葉の影(=日差しの意)が差しこむ清流を行くんですが、作者の「文子」さんは何者なのでしょうか? 中の人はその辺が疎く、ググっても分からず、ここでゲームオーバー。いや、ここまでくるとむしろ気になる。ということで

・・・読者の皆さまからの情報、待ってます! 
(完)